豊島区の税理士、大きい事務所と小さい事務所どっちがいい?

税理士がしてくれる事と言ったら、税務申告・税務相談、節税対策・税務調査対応、経理指導または記帳代行が主な仕事になりますが、あなたが税理士を選ぶなら大きい事務所と小さい事務所のどちらを選びますか?
事務所の大小にはどちらにもメリット・デメリットがあります。
大きい事務所のメリットは経営相談も期待できる、高度なサービスが受けられる、複雑な事案にも対応できる、スタッフの質が高いことが多い事であり、デメリットには税理士は毎月来れない、担当によってサービスが違うこともある、顧問料が一般的に高いということがあります。
小さい事務所のメリットは税理士が毎月来る場合もある、顧客が少ない分、当初は対応が丁寧です。
デメリットには税理士は留守が多く、急な相談に対応できないことがあり、税理士がまだ経営者ではないので経営の相談ができにくい場合もあります。
あなただったら豊島区で税理士を選ぶ際には大きい事務所、小さい事務所のどっちを選びますか?

税理士の報酬には基準がなく事務所によって異なりますが、高いから良いサービスで安心という訳でもないので一概には言えません。
若手の弁護士の場合には安く契約する場合がありますが、最近では新規顧客獲得のためにベテランでも格安で契約する場合もあります。