税理士は本当に必要か?

たくさん稼いでいる個人事業主でも、税理士さんを雇っていない人も大勢います。
税理士を雇う必要がないと考えている人とは、どんな人なんでしょうか。
やはり、1番の理由は「青色申告が自分でできる」という点だと思います。
全くの憶測ですが、個人事業主の勘定科目とかも会社経営と違って、比較的簡単なのかなぁと思います。
1度クリアすれば、毎年同じことをするのだから、記帳作業で悩むことも減ってくるのかもしれませんね。
それに青色申告や確定申告は、税務署の人が親切に教えてくれますよね。
なので、青色申告のやり方がわからないからと、税理士さんに頼む必要もないってことです。
何かを買ってその内訳の勘定科目が、何に入るか税理士さんにすぐに聞いたりできる方がいいんじゃないの?と思われる人もいると思います。
しかし実のところ、極端に言うと勘定科目は何でもいいそうなんです。
打ち合わせに使った費用は、接待交際費かというと、少額だったら会議費とか宣伝広告費とかにしてしまう人もいるそうです。
少額だったらの話ですが、経費として使ったという証拠があれば何も言われないそうです。